HOME > 内科

内科

内科の紹介

当クリニックの内科では、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病と、それに付随する狭心症や脳卒中後遺症の治療の継続を行っております。
特に、脳卒中後遺症の一つである嚥下障害による誤嚥性肺炎の予防として、併設している歯科と連携して患者様の口腔ケアに力を入れております。
患者様の病状だけでなく、他の臓器機能や心の状態なども複合的に診察することが可能です。
がんの治療におきましては、中核病院と連携した診療を行ったり専門機関に紹介したりと、適切な時期に適切な治療をご提案できるよう努めてまいります。

※小学生以上の患者様に関しましては、診療を行っております。

循環器科内科・神経内科・呼吸器内科・心療内科

循環器科のイメージ

当クリニックの理念である複合的で全人的な診療方針のもと、循環器に関してもあらゆる角度から診察いたします。
高血圧、慢性腎臓病、不整脈、狭心症、心不全などの早期発見、早期治療に力を入れております。
特に脳卒中後の再発予防と、心筋梗塞後の治療継続に関しては生活指導も含めた診療に定評があります。

生活習慣病をお持ちの方は、将来への不安などから精神的にも不安定になりやすいとされています。
また、認知症をサポートしたり、献身的に介護をされているご家族様が、精神的な負担を感じて追い詰められた状態になることも珍しくありません。
これらは「介護うつ」と呼ばれ、老老介護の時代となった今、非常に逼迫した社会問題ともなっています。

当クリニックでは、心の不安をカウンセリングや投薬でケアしていきます。
「ゆっくり休みなさい」というような机上の空論ではなく、具体的にどういったサポートを受けたら精神的な負担が軽減されるのか、そのサポートを受けるために何をしたらよいのかなど、きめ細やかなアドバイスも行ってまいります。
ご病気を抱えられているご家族の診療も担当している当クリニックだからこそ、双方にとってベストと思われる支援をしていけるのではないかと自負しております。気兼ねすることなく、ぜひ一度ご相談ください。お力になります。