HOME > 物忘れ外来

もの忘れ外来

「最近なんだか忘れっぽい」「何度言われても覚えられないようだ」そんな違和感を覚え、当クリニックにご相談に来られる方が多くいらっしゃいます。
これはごく初期の状態ですが、このように早めに受診されることがとても大切です。

認知症
認知症のイメージ

老年内科がもっとも得意とする領域です。
神経内科の診療経験豊かな医師により、スムーズな診断と適切な治療を行います。
「おかしいな?」「どうしたんだろう?」と違和感があった時は、まずはお気軽にご相談してみてください。

もの忘れ・認知症の原因は、不可逆的な「アルツハイマー型」「レビー小体型」「脳血管性認知症」と、治療により回復可能な「甲状腺機能低下症」「慢性硬膜下血腫」「正常圧水頭症」などに分けられます。
まずはその見極めが何より肝心となります。患者様ご本人やご家族の皆様に問診を行う際、もの忘れの症状以外にも歩行障害や失禁の有無などについても詳しくお伺いいたします。
「長谷川式簡易知能評価スケール」というチェックテストを用いたり、必要に応じてCT撮影を行い、総合的に判断いたします。高度な認知症であると認められた場合は、専門機関へ紹介状を出し、適切な治療に向けてサポートいたします。

当クリニックは患者様ご本人に対する治療だけでなく、ご家族の方の精神的な負担の軽減にも心を配ってまいります。
「相手をするのがつらい」「振り回される」「先のことを考えると不安になる」など、どんなことでも構いません。いつでもご相談ください。お力になれたらと思っています。